永久脱毛とはどのような脱毛方法のこと?

バナー

お肌のことを考えるなら脱毛が1番いい

最近永久脱毛という言葉を耳にすることがあるけど、実際にはどういうものか知らないという人も多いのではないでしょうか。

永久脱毛とは、米国電気脱毛協会によって「最終脱毛から1ヶ月経過した時点でのムダ毛の再生率が20%以下である脱毛方法」と定義されています。具体的には医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛、ニードル脱毛などがこれに当てはまります。

永久脱毛というからには効果が永久に持続する脱毛のことではないのか、と疑問に思う方も多いでしょうが、現在利用されている脱毛方法の多くはまだ利用されるようになってからの歴史がそう長いものではありません。

脱毛効果が永久に持続するかどうかを確かめるためには何十年間という非常に長い検証期間を必要とするため、現時点ではいずれの脱毛方法も効果が本当に永久に持続するかどうかはわかっていない現状にあるのです。

ではなぜ永久脱毛などという定義が作られているのかといえば、上記に挙げた脱毛方法は半永久的と考えられるレベルの効果があることはわかっているためです。

医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛はほぼ同じメカニズムの脱毛法で、レーザーまたは光をムダ毛に照射した時に生じる熱の作用で毛根の細胞を破壊して脱毛効果を発揮します。比較的痛みが少なく施術がスピーディーに終了することなどから、現在非常に人気の高い脱毛方法となっています。

ニードル脱毛はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛が登場する以前から利用されていた脱毛方法で、毛根に針を刺して電流を流し、毛母細胞にダメージを与えることで脱毛効果を得ます。ムダ毛1本1本を確実に処理することができるのですが、施術に時間がかかるということと電流による痛みが強いことから、現在は施術を受ける人の数は減少傾向にあります。

永久脱毛のお手入れによって、一時的に見られる症状もあります。永久脱毛のあとには、皮膚の色にも違いを感じることはあります。

脱毛における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

永久脱毛の照射で赤みが出たりしますが、それはその日の体調にも関わることがあります。照射した部位に少し赤みが出たりするのは珍しくはないです。

それとは反対に、白く抜ける症状の色素脱失となるケースも希にあります。こちらのほうが赤くなるより珍しい一過性のもので、ただ長いと半年くらいはかかりますが戻ります。

永久脱毛の照射というのは一度に毛根を処理する行為でもあります。そのため熱が加わり、肌はとても乾燥しやすくなります。乾燥が元からひどい人も、軽く乾きを感じる程度の人も、照射をした部位への保湿を心がけることです。

特に新しく購入しなくても、手持ちのスキンケアアイテムを使用して、肌への保湿をすることで肌状態を良いものとすることはできます。使用するコスメに関しては、香料が強いとか、成分が刺激を感じやすいものは避けたほうがいいです。脱毛をした肌は、いつもよりも敏感な状態になっているからです。脱毛施術後に毛膿炎が見られた時にもとにかく肌の保湿などのスキンケアをして、肌と毛のサイクルを順調にするようにしましょう。

脱毛をする前に、長年にわたり自己処理をしてきた肌には、珍しくはない症状です。カミソリでの反りや毛抜きでの処理歴が長いと、肌にも何かとトラブルは起こりやすくなります。

ですが脱毛を続けていくことで、解消されてもいきます。体のムダ毛を処理するのは大変なので永久脱毛に通う人はとても多いです。個人差や脱毛部位によって違いはありますが、永久脱毛が完了するまでには1年以上かかると考えた方が良いです。その為、永久脱毛を始めるならば秋が良いです。秋が良い理由として長袖を着るシーズンですのでムダ毛が生えていても他の人に見られる事が無いので気になりません。脱毛の情報はこちら

サロンによっては脱毛部分のムダ毛を剃らずに来て下さいと言われる事もありますので、肌を露出するシーズンですと通いにくい部分もあります。

また、秋から永久脱毛をスタートさせておくと、翌年の夏頃にはムダ毛の量もかなり減っていますので自己処理をするにもとても楽ですし、人によってはほとんどムダ毛が無くなっている人もいます。

脱毛処理をしている時は肌に刺激を与えてしまうので直射日光や日焼けは好ましくありませんが、長袖を着るシーズンであれば施術後の肌を直射日光に当てる事もありませんので肌への刺激も控える事が出来ます。

永久脱毛を行っているサロンは多数ありますが、様々なキャンペーンを行っています。翌年の夏に向けて秋からキャンペーンを行っているサロンも多数ありますので、料金もお値打ちに出来る可能性が高いです。

全身脱毛をする場合には、全ての部分を一度にスタートさせなくても良いので、比較的、毛が濃い脚などは夏でもパンツスタイルで隠す事が出来るので、部位によって始める季節を変えても良いでしょう。

ワキの永久脱毛をすることで、大きく3つのメリットを受け取ることになります。ワキの永久脱毛のメリットとして、初めての脱毛を体験するにのにも、ワキのパーツはスタートがしやすいです。ワキの永久脱毛というのは、医療レーザー脱毛をする性質上としても、脱毛の効果を時間しやすい施術であるためです。ワキというのは照射範囲も狭いですし、脱毛のお手入れをするにしても価格も驚く程は高くありません。

ですから、これまでの人生で脱毛は未経験であり、施術は不安という人にもチャレンジがしやすい施術です。ワキの脱毛をすることは、自己処理の手間が大きく減ることにもなります。




全身の中でもワキのムダ毛への自己処理は、処理の頻度が多いです。日本には四季があり、その中の特に夏の季節は全く油断ができません。

そんなある意味緊張感もある脇のムダ毛は、ワキ脱毛を終わらせておくことで、頻繁にしていた自己処理は不要になります。ほかのパーツの脱毛よりも、かかる手間としても大きく減ることになります。

レーザー脱毛の中でもワキの処理をするのは、とてもメリットが大きいということになります。3つ目の利点は、施術は短時間であり、クリニックへは無理なく通えるということです。照射範囲が狭いたですから、一回のレーザー照射の施術にかかる時間は短いです。マシンにもよりますが、両ワキはほんの10分くらいのお手入れで完了します。時間への負担が少ないので、クリニックへも気軽に通いやすいです。

美容皮膚科クリニックなど病院で行われている脱毛施術は医療レーザー脱毛で行われており、永久脱毛もできる方法です。毛を作る機能を破壊するという治療によって行われる脱毛であり、肌にレーザーの光を照射させるという方法で行われています。施術を受けるにあたっては除毛処理をしていきますが、施術後には肌の下から毛根まで残っている毛が一週間程度かけて自然と抜け落ちていき、また毛根周辺にある毛の生える組織を壊していきます。

人の体の毛は抜けては生えることを繰り返していますが、抜け落ちた後にまた毛を作ろうとしてもその力がなくなっているために生えてこない効果があり、これからはムダ毛処理に悩まされることもありません。医療レーザー脱毛による永久脱毛は、男性のヒゲにも利用されています。

ヒゲが濃くて夕方には生えてきてしまうなどの悩みを抱えている人の他にも、肌が弱いために除毛処理で肌がかさかさになってしまう人、また金属アレルギーを持っていてカミソリの刃が肌に触れるだけでも肌トラブルが発生しがちな人にも、ヒゲ脱毛を行えばヒゲの処理がなくなるので肌の悩みも解決できます。

注意しておきたい点は、脱毛を医療レーザー脱毛で行うということは生えてこなくなるということにあります。今はヒゲ剃りがなくなって便利にはなりますが、年齢を重ねてヒゲを伸ばしたくなった時にも生えてこないということをしっかりと理解した上で永久脱毛を受けることが大切です。

Copyright (C) 2017 お肌のことを考えるなら脱毛が1番いい All Rights Reserved.