自宅で脱毛するならどのやり方が良いか

バナー

自宅で脱毛するならどのやり方が良いか

脱毛についてその1人によって向いている脱毛方法は違います。

美容クリニックや脱毛サロンで施術するのも良いですが、費用や手間を考えると自己処理の方が良いと思ってしまいませんか。

プロが施術してくれるので安心感はありますが、1回で終わるわけではありません。

定期的に通わないとムダ毛の再生率が思うようには下がりませんから自己処理を選ぶ人がまだまだ多いのでしょう。
自己処理とは言え、その方法は多岐にわたります。

剃ったり、除毛する方法も加わるとかなり種類が増えてしまいます。
まずは、痛みがあっても良いかないほうが良いのかや即効性のあるなしなどから考えてみましょう。


敏感肌の人はなるべく肌への負担が少ない方法でないと肌荒れするかもしれません。
もちろん、敏感肌の人でも問題なくできる脱毛方法もあります。

だから、敏感肌だからと言ってムダ毛を放置しなくてはならないとあきらめないでください。

敏感肌でもムダ毛を処理できます。どんな条件が必要かを決めると自分に合った方法を見つけやすくなるでしょう。
無理やりムダ毛を抜くだけが脱毛ではありません。ムダ毛の状態を変えることだってできます。

意外と知られていない方法であってもとても良い方法かもしれません。


脱毛についてその2ドラッグストアなどで手に入る脱毛、除毛クリームならば、ムダ毛を溶かしてしまいます。剃るよりもムダ毛が生えにくくなるので処理する頻度はそれほど多くはありません。

ただし、ムダ毛を溶かすのでそれなりに肌への負担はありますから、敏感肌の人は気を付けてください。

肌荒れする恐れがあります。

事前に目立たないところでパッチテストを行ってから使いましょう。
脱毛、除毛クリームはたんぱく質を溶かすことができます。
だから、肌への負担が大きいです。

とても簡単に脱毛できますが、肌荒れの恐れもあるため、気になる人は敏感肌用を使うと良いでしょう。

乾いた肌に使うのでお風呂に入る前に使ってみてください。
ムダ毛を溶かしてふき取った後にお風呂に入ってクリームを綺麗に洗い流しましょう。

そうすると、ムダ毛のないつるつる肌になっているはずです。

ムダ毛が生えにくくなる成分が入っているクリームもあるので、なるべく使う頻度を抑えたい人は中身をチェックしてみてください。

正しく使うとムダ毛がとても柔らかくなって不思議な感じがするはずです。

この感覚がとても面白いのでずっと使い続けたくなるかもしれません。

自己処理したい人なら一度は試してみませんか。

脱毛についてその3即効性を期待していないのならば、脱毛、除毛石鹸がおすすめです。

大豆イソフラボンなどムダ毛が生えにくくなる成分が入っているので剃ったり、抜いたりしなくてもムダ毛が生えにくくなります。ただし、徐々に効果が出てくるために、ある程度の時間がかかってしまいます。脱毛、除毛石鹸の場合は美肌成分も入っていることが多いので、肌にとても優しいです。

敏感肌でも安心して使えるでしょう。

顔にも使えるくらい肌に優しいですが、眉毛などに使ってしまうとなくなってしまうので眉毛など残しておきたい部分を避けて使ってください。

使い続けていくうちにムダ毛が細くなってやがて生えなくなるでしょう。肌に優しいタイプの場合はデリケートゾーンまで使えます。

中にはムダ毛を溶かす成分が入っているタイプもあり、この場合は肌への負担があるので敏感肌の人やデリケートゾーンなどは使用しないでください。


他の方法で脱毛した人が使うのも良いでしょう。
そうすれば、ムダ毛が生えにくくなります。

体を洗う時に使うボディソープや石鹸を変えるだけで済むので、最も手軽な方法かもしれません。徐々に効果が出る方法なので、数か月単位で効果が表れます。
大急ぎで効果を期待している人は他の方法にしましょう。



脱毛についてその4自宅でブラジリアンワックスするのも良いでしょう。
ブラジリアンワックスは発売されています。

はちみつベースなどオーガニック素材が使われているので安心して使えるでしょう。

ただし、ブラジリアンワックスは刺激の強い脱毛ですから埋没毛や肌荒れの恐れもあります。
ワックスを塗って、シートを貼って一気にはがします。


ただし、ムダ毛が長いとうまく脱毛できないのであらかじめ1㎝程度の長さにカットしておいてください。


はがす時はムダ毛の流れに逆らってはがすと綺麗に脱毛できます。

少々荒っぽい方法に見えますが、それだけ肌へも負担があるので埋没毛になったり、毛穴が数日間は開いてしまうので炎症を起こさないように気を付けなくてはなりません。もちろん、ブラジリアンワックスはお風呂上りなどの清潔な状態で行ってください。


特にアフターケアを念入りに行わなくてはならない方法です。

肌への刺激が強い方法ですから、刺激が極めて少ない化粧水などで保湿しましょう。

デリケートゾーンも処理できますが、もちろんアフターケアは欠かせません。ダメージがあるとは言え、勢いよく脱毛できますし、効果を実感しやすいこともあるせいか、とても人気の高い脱毛方法です。

脱毛についてその5自宅で処理するならば、家庭用脱毛器という人が多いでしょう。
多くのメーカーから販売されていますのでじっくり考えてから選びましょう。

従来型のローラー式はムダ毛を挟んでどんどん抜いていくために、肌への負担が大きいです。
なるべく肌への負担を小さくしたいと思ったら、レーザーやフラッシュ式を選んでください。
肌が丈夫な人も人間の皮膚は一定の厚さではありませんから、場所によって照射レベルをコントロールできた方が良いです。



腕や足とデリケートゾーンとでは照射レベルを変えましょう。
照射レベルを変えられるので全身脱毛だってできます。

レーザーやフラッシュ式は熱が発生するのでやけどに気を付けなくてはなりません。


冷やしながら正しく使えば問題はないでしょう。

事前にムダ毛をシェービングする手間はありますが、とても人気があります。


脱毛だけのために購入するのも良いですが、レーザーやフラッシュ式であれば美顔器としても使用できる場合もあります。


使い続けるとムダ毛が生えにくくなりますが、美顔器としてずっと使い続けられるので決して高い買い物というわけではありません。

脱毛についてその6いろいろな自己処理のやり方がありますが、どの方法にも共通していることはアフターケアを行うことです。

脱毛すると肌のターンオーバーが乱れてしまうので肌荒れしやすくなります。また、肌が乾燥しやすくなりますから、アフターケアを行ってください。

保湿する場合、刺激が弱い化粧水やボディーローションなどを使いましょう。

乾燥しやすい脱毛後ですから、たっぷり保湿してください。

そうすれば、肌トラブルを起こしにくくなります。

おすすめは豆乳ローションです。


豆乳ローションは大豆イソフラボンなどが入っているので、ムダ毛が生えにくくなります。



毎日使い続けていればムダ毛があまり生えなくなるでしょう。

自己処理の頻度が少なくなります。

万が一、脱毛した後に肌トラブルを起こした場合はまずは保湿です。

埋没毛となった場合はボディスクラブを使えば古い角質を除去できるので埋没毛を解消できるかもしれません。

自分で処置したけれど肌トラブルが改善されない場合は、皮膚科を受診してください。自己処理とは言え軽く見ないことです。
正しい方法で脱毛すれば、肌トラブルを起こしにくくはなりますが、それでも肌トラブルを起こすこともあります。
対処方法まで確認してから脱毛しましょう。


Copyright (C) 2017 自宅で脱毛するならどのやり方が良いか All Rights Reserved.