脱毛して考えられる肌トラブル

バナー

脱毛して考えられる肌トラブル

脱毛についてその1美容クリニックや脱毛サロンで施術してもらったとしても、もしかしたら肌トラブルが起こるかもしれません。

どのような肌トラブルが考えられるでしょうか。


もちろん、必ずしも肌トラブルが起こるわけではありません。
むしろ、肌トラブルが起こる可能性はとても低いです。しかし、リスクがあることを知った上で施術したほうが万が一の時に冷静に対処できます。

そもそもどうして肌トラブルが起こるのでしょうか。

脱毛は簡単なことではありません。

ムダ毛を抜くだけならたいしたことはないように見えますが、肌には大きなダメージです。
まだ、ムダ毛が抜ける時期ではないのに、無理やりムダ毛を抜いてしまいます。


本来であれば毛周期という体毛が生えるサイクルを経てからムダ毛は抜けます。

そのサイクルを無視してムダ毛がまだまだ伸びようとしているのに抜くから痛みを感じることもあるでしょう。

いろいろな方法で脱毛できますが、全くダメージがない施術があるとは言えません。

ムダ毛が抜けようとしている時期であればほとんどダメージはないでしょう。
ほとんどの場合、ムダ毛が抜ける時期を無視して施術していますから、何らかの肌トラブルが起こる可能性は誰にでも考えられます。

脱毛についてその2美容クリニックや脱毛サロンで行われている施術は医療レーザーやフラッシュです。

どちらも黒い色に反応する光を使います。
この光によって毛母細胞にダメージを与えてムダ毛を抜きます。


どういうダメージを与えるのかというと熱です。


毛母細胞に熱を与えて抜きます。

熱が生じるので、やけどのリスクを考えなくてはなりません。

もちろん、やけどしないように美容クリニックや脱毛サロンでも注意しながら施術していますが、それでもやけどのような症状が出ることもあります。施術後に施術した箇所が真っ赤になることがあるかもしれません。

特に威力が強い医療レーザーの場合は赤くなりやすいでしょう。熱を利用して脱毛していることが原因でしょうから、美容クリニックや脱毛サロンはアフターケアで肌を冷却しています。クールダウンすることでやけどのような症状が出ないようにしているからです。



それでも人によっては肌が赤くなることもあります。

もしも、肌が赤くなったら施術した場所で相談してみましょう。
もしくは、すぐに皮膚科へ行ってください。

早めに処置すれば治りも早いでしょう。


紫外線もトラブルの原因の一つですから、施術後は特に紫外線対策をして肌が赤くなったりしないように気を付けてください。

脱毛についてその3脱毛した後の肌は、とても乾燥しやすいです。

施術後に乾燥が気になることがあるかもしれません。
美容クリニックや脱毛サロンでは必ず施術後にアフターケアを行っています。ここではたいていの場合、冷却ジェルで保湿してくれます。

やけどの危険性を回避するために冷却するのと同時に乾燥対策として保湿のためにジェルを使っているからです。
施術後は毛穴も開いているでしょうし乾燥しやすいので保湿しながらも冷やして毛穴を引き締めたほうが良いでしょう。

だから冷却ジェルを使っている美容クリニックや脱毛サロンが多いのではないでしょうか。

肌が乾燥してしまうとかゆくて仕方がなくなることもあります。
かきたくなるかもしれませんが、かくのではなくて保湿してみましょう。

乾燥肌の人はアフターケアの保湿だけでは物足りないこともあるかもしれないので、自宅でもたっぷりと保湿してみてください。

どうしても我慢できなくてかいてしまうと赤くなったり、ぶつぶつができる恐れがあります。

だから、我慢しましょう。

もしも、赤みやぶつぶつができてしまったら皮膚科を受診してください。

肌荒れがこれ以上深刻にならないようにするためにも軽く見ないで皮膚科で治療を受けましょう。
脱毛についてその4自分で施術した場所の肌を触ったら硬くなっていることがあるかもしれません。

美容クリニックや脱毛サロンで施術した後に肌が硬くなることは意外と多いです。細いムダ毛が生えている場所ではあまりおこらないでしょう。
しかし、脇毛やデリケートゾーン、ヒゲなどの太いムダ毛が生えている場所は肌が硬くなりやすいです。
ムダ毛が硬い場所のほうが施術の影響を受けやすいので、一時的に肌が硬くなることがあります。
施術を続けていくうちにムダ毛が細くなっていくので肌が元の状態へと自然に戻っていくでしょう。


放っておいても問題はありません。

美容クリニックや脱毛サロンで施術が完了すれば、しばらくすると元に戻るのであまり心配しないでください。
肌が硬くなると不安になるかもしれません。

もともと柔らかい肌だったのにおかしいと思うかもしれませんが、皮膚科を受診したとしても対処できるわけではないので放置してください。

赤みやかゆみとは違いますし、一時的な現象だとわかっていれば不安も解消されるでしょう。

脱毛後にアフターケアを怠らなければ肌トラブルが起こりにくくなります。それでも肌が硬くなるかもしれませんが、これだけは治療しようがないので施術が完了するのを待つしかありません。脱毛についてその5最近は、医療レーザーやフラッシュを選ぶ人が多いですが、これらの抜き残しや狭い範囲はニードル脱毛することもあるでしょう。
ニードル脱毛した後にまれですが内出血することがあるかもしれません。
ニードルとは針のことで、一つ一つの毛穴に針を刺して電気刺激を与えてムダ毛を抜きます。

針を使うので内出血が起こりやすいですが、放置していても自然と消えてくれるので皮膚科を受診したりしなくても問題ありません。


脱毛後に色素沈着することがあるかもしれません。機器の取り扱いに何らかの問題があったことが考えられます。色素沈着が起こってしまうと自分で対処するのは難しいでしょう。

放置しておいても色素沈着が薄くなるとは言えません。

色素沈着してしまったら、シミの治療をしてください。

皮膚科を受診したり、施術した場所で相談しましょう。適切な治療を受ければ色素沈着を改善できます。


これは、施術者の腕に左右される問題と言えますから、腕が良い人が施術してくれるかどうかを確かめておけば色素沈着のトラブルを防ぐことができるでしょう。

施術する場所によって、施術する人に左右されるからこそ事前の確認が重要です。脱毛についてその6自己処理ではなくても脱毛後に肌トラブルが起こることはあります。美容クリニックや脱毛サロンで施術すれば絶対に安全だとは言い切れません。


ただし、これらの施設ではアフターケアを行っているので肌トラブルが起こる可能性はあまり高くはありません。自己処理よりも安全と言っても良いでしょう。


アフターケアを行っていればかなり肌トラブルを回避できるので、自己処理の場合も必ずアフターケアを行ってください。



どうしても自己処理の場合は忘れがちですが、アフターケアを習慣にすれば忘れなくて済むでしょう。

美容クリニックや脱毛サロンの場合は、万が一に備えて補償制度があるはずです。


だから、無料カウンセリングの時点でどのような補償をしてもらえるのかを確認しておきましょう。


そうすれば、肌トラブルが起こったとしてもすぐに処置してもらえたり、追加費用があまりかからなくて済みます。


腕が良いかどうかも大事な判断基準ですが、必ずしもトラブルが起こらないとは言い切れないからこそ、補償制度までチェックした上でどこで施術するかを決めましょう。

比較的、美容クリニックの医療レーザーよりも脱毛サロンのフラッシュのほうが威力が弱いのでそこも判断基準に入れると良いかもしれません。

Copyright (C) 2017 脱毛して考えられる肌トラブル All Rights Reserved.