脱毛をする上での注意点とメリット

バナー

脱毛をする上での注意点とメリット

脱毛についてその1女性にとって脱毛は憧れの施術と言っても過言ではないでしょう。
ムダ毛というのは、剃っても抜いても自己処理をしている限り生え続けてしまうからです。

剃るという行為は、自分ではムダ毛だけ剃っているつもりでも、実はお肌の表面の角質まで一緒に剃り落しています。

そのため、ダメージがとても強く、カミソリ負けや乾燥肌の原因になります。

抜く方法も毛穴へのダメージが強く、雑菌が入り込んで炎症を起こしたり、埋没毛になってしまいます。脱毛すると考えると、面倒な自己処理から解放されるという思いが強くなります。

初めて施術を受ける人の中には、1回の施術ですべての毛がなくなると思い込んでいる人もいるほどです。

けれども、脱毛というのは毛の生え代わりに合わせて何度か繰り返すことで効果を発揮します。
ですから、どのような脱毛方法でも1回ですべての毛をなくすことはできません。

初めて来店してから脱毛が終わるまでには、2年程度の期間がかかります。

平均での期間なのでこれ以上かかる人もいれば、短い期間で終わる人もいます。

施術を受ける際には、時間がかかることを知っておきましょう。
その間には当然自己処理が必要になるので、施術を受けたからといってカミソリを手放していいというわけではありません。脱毛についてその2自己処理の方法は人によって様々です。

カミソリやシェーバーで剃ったり、毛抜きやワックスで抜くという人もいるでしょう。

しかし、脱毛をしている間の自己処理の方法は剃るタイプしか行うことができません。

なぜなら、毛抜きなどで毛根ごと引き抜いてしまうと、毛の生え代わりのサイクルがずれてしまうためです。
脱毛の施術は毛周期と呼ばれるサイクルに合わせて行いますが、抜いてしまうとその毛だけ周期が変わるため、せっかく施術をしても効果が得られなくなってしまいます。ですから、脱毛期間中の自己処理はカミソリやシェーバーを使って剃るようにしましょう。

手の届きにくい範囲を無理にカミソリで剃ろうとすると、お肌を傷つけてしまうこともあります。

そのような場合は、電動のシェーバーを購入して使うと安全です。


シェーバーは女性のムダ毛用のものも販売されていますが、男性のヒゲ剃り用でも代用することができます。自己処理でお肌を傷つけてしまい、施術当日にも傷が治らない状態ですと、その部位の施術ができなくなってしまいます。

自己処理をする際には十分な注意を払いましょう。


毎日のように剃っていると負担が強くなるので、お肌のことを考えると数日開けた方がいいです。脱毛についてその3脱毛の施術を受ける1~2日前には必ず自己処理をしなければいけません。

なぜなら、脱毛機の光は黒い色素に反応するという性質があり、毛が伸びすぎた状態では光が強く反応し過ぎてしまい、ヤケドなどのトラブルの原因になってしまうためです。

自己処理を忘れたからといって、当日の出掛ける前に剃ると今度は毛が短すぎて反応しなくなることもあります。


お店に電話して対応を聞いてきましょう。
施術の1~2日前に剃ることで、脱毛に適した長さになります。
過剰に反応することなく施術を受けられるので、痛みも軽減できるというメリットがあります。

剃った後は必ずボディークリームなどで保湿を行いましょう。
剃ったままにしていると、肌荒れの原因になってしまうばかりか、お肌が刺激に弱くなるので、痛みも強く感じるようになってしまいます。
全身脱毛であれば、ガウンなどに着替えて施術を行いますが、部分脱毛の場合は服をめくって施術をすることもあります。当日の服装は、施術をする部位が見えやすいようにしたり、着替えやすい服装がいいでしょう。

顔の施術の場合は、メイクを落とす必要があるので、ポーチに化粧品などを入れて持って行くようにしましょう。

人目を避けるための帽子もあると便利です。
脱毛についてその4脱毛の施術というのは、ベッドの上に寝ているだけでスタッフが全ての作業を行ってくれます。

最初にお肌を保護するジェルを塗り、その上から脱毛機の光を照射することで施術はスタートします。
ワキであれば左右両方行っても5分ほどの短い照射時間ですが、その後はジェルを拭き取り、仕上げに保湿ローションで整えて終わりになります。

全身脱毛の場合は、うつ伏せや仰向けなど、身体の向きを変えることもありますが、部分脱毛ではそのような動きもありません。
施術は受け身の姿勢でいいと考えてしまうかもしれませんが、施術に向かうまでのお肌の保湿や自己処理に関してはしっかりと行いましょう。


ケアをしておくことで、脱毛効果を高めることができるからです。

黒い色に反応するという性質から、施術を行っている間の日焼けは避けなければいけません。
日焼け止めや日傘だけでなく、紫外線を遮るような服装も効果的です。

腕や脚は気が付くと日に焼けていることが多い部位です。

紫外線は夏だけでなく、1年中ずっと降り注いでいます。

そのため、日焼けに対するケアも1年中しなければいけません。


まだ日差しが弱いと思われる春には、意外と多くの紫外線量があるので特に注意が必要です。

脱毛についてその5脱毛をすることで得られるメリットは、毛がなくなるというだけではありません。
自己処理が不要になるので、今までカミソリやシェーバーを買っていたお金や処理にかかっていた時間から解放されます。



毎日のように剃っていると、肌荒れがひどくなってしまいますが、剃る必要がなくなればお肌の負担もなくなり、きれいな状態へと戻っていきます。



脱毛することで、今まで自己処理によってできた毛穴の黒ずみや埋没毛も解消していきます。

ムダ毛の自己処理というのは、それほどまでにお肌にダメージを与えていたのかということが、よく分かります。

脱毛すると、毛根自体がなくなるので、毛穴は引き締まり目立たなくなります。

人形のような毛穴のないお肌に憧れる人は多いですが、脱毛によって手に入れることができます。
剃り続けることで、毛穴が黒くなって、自己処理をしてきれいになるつもりだったのに、余計に汚くなってしまったという悲しい経験もなくなります。

さらに、日本人の毛というのは黒いため、生えているだけで肌の色を暗く見せるという効果があります。
脱毛して毛がなくなると、肌の色が明るくなり、着る服もきれいに見せるようなったという経験をする人は少なくありません。



脱毛についてその6脱毛の施術は、繰り返して受けることで少しずつ効果を発揮します。

施術にかかる回数は個人差がありますが、平均で5~6回ほどだとされています。毛周期に合わせて施術をするので、予約した日の都合が悪くなってしまったら、早目に他の日に予約を入れ直すようにしましょう。


脱毛をしていくと、途中で行くのが面倒になってしまうこともあるかもしれません。

中途半端な状態で行くのを辞めると、毛の量が少し減ったという状態になります。
これは、決していいことではありません。


脱毛プランによっては、決められた期間のうちに、決められた回数の施術を受けなければ無効になってしまうこともあります。


脱毛は時間のかかる施術ですが、その分効果は高いです。
1度施術した毛穴からは2度と毛が生えてこなくなるので、繰り返し受けていると、だんだんと毛の量が減っていることが実感できます。


注意点もあり、日常生活を送る上で嫌になることもあるかもしれませんが、施術が終わった後のツルツルのお肌を見れば、そのような思いも吹き飛んでしまいます。


Copyright (C) 2017 脱毛をする上での注意点とメリット All Rights Reserved.