自分で脱毛するならどんな方法が良いか

バナー

自分で脱毛するならどんな方法が良いか

脱毛についてその1多くの女性が、また一部の男性がムダ毛を処理しています。問題は、どうやってムダ毛を処理すべきかです。

カミソリを使っていませんか。

ドラッグストアや100円均一などで手軽に購入できますし、簡単にムダ毛を剃れます。


しかし、刃を使っていますので肌のことを考えたらあまり良い方法とは言えないでしょう。
しかも、カミソリで剃るだけの場合は毛穴から出ている部分しか処理できていないために、毎日のように剃り続けないとすぐに目立ってしまいます。



手軽とは言え、毎日カミソリで剃らなくてはならなくなると大変です。
脱毛すればムダ毛を毛根から処理できるので、剃るよりも処理する頻度が少なくて済みます。



だから、多くの人が脱毛しています。



もちろん、人によってどうやって脱毛するかはかなり違いがあります。
自分で処理すべきか、プロに施術してもらうべきかで悩んでいませんか。
最近は、美容クリニックや脱毛サロンで施術する人が多くなりました。

しかし、まだまだ自分で処理している人が多いです。

自己処理する時は自己責任ですし、気を付けて行ってください。

自分で脱毛する時の注意点を頭に入れておきましょう。
正しく処理すれば肌荒れなどを起こさなくて済むからです。
脱毛についてその2まずはどうやって脱毛するかが問題です。
多くの人が家庭用脱毛器を使っているのではないでしょうか。

いろいろな機種が登場していますので、持っていないのならば1台買ってみるのも良いでしょう。
あまりにも種類が多すぎて選ぶのが大変かもしれません。

おすすめしたいのはレーザーやフラッシュタイプです。


これらはどちらも特殊な光を照射して脱毛します。

この光は黒い色にだけ反応するようにできていますから、日焼けして肌の色が黒くなっている時は使用できません。
日焼けしている人は、肌の色が落ち着いてきてから使ってください。
レーザーとフラッシュとでは、レーザーのほうが威力が強いです。強いとは言え、家庭で使えるくらいの強さですからあまり心配しなくて良いでしょう。


比較的フラッシュのほうが威力が弱いですが、十分ムダ毛の処理ができます。

どちらの光も照射レベルをコントロールできるので、場所ごとに照射レベルを変えたり、最初は弱めに設定して使ってみましょう。
人間の体の皮膚はどこも同じ厚さではないために、デリケートな場所も多いです。デリケートな場所は弱く設定して処理してみてください。

痛みが強くて難しかった場所もツルツルにできるかもしれません。脱毛についてその3光を使った家庭用脱毛器は肌へのダメージが小さめです。

そうは言っても正しく使用しなければやけどする恐れもあるので気を付けて使いましょう。

特殊な光を照射すると毛根部分に熱が発生して脱毛できる仕組みです。

黒い色に反応しますから、ムダ毛が伸びている状態では使わないでください。


毛根部分だけ反応させたいので、事前に電気シェーバーでシェービングしなくてはなりません。
家庭用脱毛器を購入する時に電気シェーバーがセットでついてくることもありますが、ない場合は別に購入しておきましょう。

シェービングは丁寧に行ってください。

剃り残した部分はやけどの恐れがあります。

美容クリニックなどでも剃り残した部分は施術しないのでくれぐれも剃り残しがないようにしてください。


剃り残した部分を毛抜きで抜かないでください。

抜いてしまうと毛周期のサイクルが乱れるのでうまくいかなくなるからです。
正しく使えばとても安全ですし、痛みも少なくて済みます。

終わった後は熱が生じているため冷却しておきましょう。


冷たく冷やした化粧水などで保湿すると良いかもしれません。
アフターケアがとても重要ですから、必ず行ってください。アフターケアを怠ると肌トラブルを起こしやすくなります。


脱毛についてその4脱毛、除毛クリームを使ってみませんか。


これらはムダ毛に塗ってムダ毛を溶かしてしまいます。


完全に溶けるというよりは、ムダ毛を柔らかくして除毛しますから、ムダ毛の先が尖りません。だから、ムダ毛が生えてきても触ったときにチクチクしなくて済みます。

ムダ毛を溶かすのである程度は肌へのダメージがあるので、事前にパッチテストを行っておいてください。

特に敏感肌の人はやっておきましょう。

脱毛、除毛クリームには種類があり、敏感肌用も出ているので敏感肌の人や初めて使う時は敏感肌用を選ぶと良いかもしれません。
乾いた状態で使います。

ムダ毛を処理したい部分にクリームを塗ってそのまま放置します。

パッケージに書いてある時間だけ放置しましょう。

時間になったらムダ毛が柔らかくなっているのでふき取ってください。

後は、クリームを綺麗に洗い流して終わりです。
脱毛、除毛クリームの後もアフターケアは必要です。

肌へのダメージがありますから、刺激の極力ない化粧水などで保湿しましょう。

難しいわけでもありませんし、ドラッグストアなどで簡単に手に入るので意外と手軽にできる方法ではないでしょうか。

脱毛についてその5即効性があるわけではありませんが、脱毛、除毛石鹸を使ってみませんか。

お風呂で使っている石鹸やボディソープを変えるだけで良いので、一番簡単にできる自己処理かもしれません。

毎日、洗っている間に徐々にムダ毛が生えにくくなっていくので時間がかかってしまいます。

露出の低い時期から使い始めることをお勧めします。

脱毛、除毛石鹸には大豆イソフラボンなどのムダ毛が生えにくくなる成分が入っているので使い続けていくうちにムダ毛が生えにくくなるでしょう。

ムダ毛を溶かす成分が入っている石鹸もありますが、こちらは肌へのダメージが考えられるので敏感肌の人は注意して選んでください。全身に使うのも良いですが、ムダ毛の処理をしたくない場所には使用しないでください。

使い続けているうちに毛が生えにくくなるからです。

また、使う時はしっかりと泡立ててから使いましょう。

そうすると、肌に有効成分が浸透しやすくなるので脱毛効果を早く実感できるはずです。眉毛やまつ毛などがある顔への使用は控えたほうが良いかもしれません。

女性でも口回りのムダ毛が気になる人もいますので、顔に使いたいならば眉毛などを避けて使いましょう。


美容効果もあるので肌がつるつるになるかもしれません。

脱毛についてその6脱毛サロンなどで行われているブラジリアンワックスを自宅でも試すことができます。材料を購入してチャレンジしてみませんか。オーガニックで作られているものが多いので、デリケートゾーンの脱毛に使っている人も多いです。

ムダ毛を短くしてからワックスを塗ってワックスペーパーを貼ります。そして、毛の流れに逆らって一気にはがしましょう。

するとムダ毛が一気にたくさん抜けます。
オーガニックとは言え、肌への刺激はありますから埋没毛の恐れもあるので気を付けて行いましょう。
行う時は、お風呂上りなど清潔な状態でないと雑菌が毛穴に入りやすくなります。他の方法と比べてもアフターケアは特に念入りに行ってください。

ブラジリアンワックスは肌へのダメージもそれなりにありますが、脱毛できるために頻度はそれほど多くなくて済みます。


腕や足なども一度にかなり広範囲を処理できるので、ブラジリアンワックスは人気が高いのかもしれません。

レーザーやフラッシュの場合は産毛や白髪などの処理が難しいですが、ブラジリアンワックスならば問題なく処理できるので、レーザーやフラッシュでは処理できなかった場所だけ行う人もいます。

太いムダ毛に行う場合は特に強い痛みが現れるでしょう。


Copyright (C) 2017 自分で脱毛するならどんな方法が良いか All Rights Reserved.