医療機関で行っている医療レーザー脱毛について

脱毛は、脱毛士のいるエステや脱毛サロンでも行われていますが、医療用のレーザーを使い脱毛の施術ができるのは、病院やクリニックなど医療機関のみです。

レーザーを脱毛をしたい部位に照射して、毛を作り出す働きのある毛母細胞を破壊するので二度とムダ毛が生えなくなりますが、この細胞の破壊というのが医療機関でしか許可されていない行為なのです。医療レーザー脱毛は、レーザーが毛の黒色メラニン色素に反応して熱を発し毛根にダメージを与える方法で、周辺の皮膚組織にはほとんど影響を与えないのでカラダへの負担が少なく非常に安全です。しかし、レーザーの出力の高さや施術を受ける方の体調などにより、稀に火傷が起こるケースもあります。

患部を安静に保ち、清潔を心掛けていると数日もすれば症状が治まってきますが、もし悪化するようなことがあればすぐに施術を受けた病院で治療を受けて下さいね。医療レーザー脱毛を病院でしておけば、医師による治療が受けられ適切な薬が処方されます。

安全面を考えても、医師が常駐していないエステや脱毛サロンと比べて非常に安心できますね。また、カミソリや毛抜きを使って自分で脱毛をしていると、炎症を起こして肌が黒ずんだり毛穴が開いて閉じなくなったりすることが多いのですが、医療レーザー脱毛なら、高い脱毛効果とともに美白効果や毛穴の引き締め効果も期待できるので、施術を繰り返し受けるうちに、次第に黒ずみが解消され毛穴も目立ちにくくなるといったうれしいメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です